記号論の観点からマンガ・アニメ・ゲームを考察するブログです。

2017年07月

アストルティアからロトゼタシアにやってきた、時の化身・ヨッチさんです。今回から早速、『ドラゴンクエスト11』の考察を進めていきます。と言っても、いきなり纏まった考えが出るはずもないので、連載形式で各編ごとに記事にしていき、考察に至る断片をお届けしていこうと ...

『ドラゴンクエスト11』の考察です。記号論の観点から見ていきます。概要城下町の街並みから分かる事デルカダール王国の国章は双頭の鷲『11の主人公』は悪魔の子追記ドイツ・ニュルンベルク城下町の木骨造り全ての始まりは、2015年7月28日の、『ドラゴンクエスト11』発表会で ...

アフタヌーン2017年9号にて連載再開された、『おおきく振りかぶって』を物語構造から分析する記事になります。概要役割を入れ替えた意味長所ではなくコンプレックスを描く少女漫画の伝統芸登場人物の役割が入れ替わっている 「弱気」な投手と、「強気」な捕手『おおききく振 ...

アストルティア考古学からルーラで飛んで下さった皆様、改めましてご挨拶申し上げます。初めましての方は初めまして。記号論研究所の管理人をしております、ヨッチ族のヨッチさんです。ロザリーさんはVer.3.5で命を落としてしまい、新たな宿主を探してこの姿に生まれ変わりま ...

このページのトップヘ